アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 発音できると単語のつづりも覚えられる | メイン | Beverly's beverage »

2017年8月 5日 (土)

ごめんなさい、悪口ではありません。この先生、本当に発音が悪いんです。

悪口のようなことは言いたくないが、この先生は、発音面ではほぼ日本語しか話していない。これくらいに流暢に話せるようになるには相当の努力をなさったことだろうが、その努力の一部を発音向上のために使おうとという考えはなかったのだろうか。この先生は英語の教師でありながら、Cをシーと発音しているくらいだから、生徒に対する発音指導能力はほぼゼロであろう。Cをシーと発音するというのは中学1年生レベルの発音さえできないということだ。この授業を優れた英語授業として公開した大分県教育庁はCはシーでよいと思っているわけである。

このレベルの発音の英語を生徒に浴びせ続けるのは英語教師として罪深いことであると私は思う。

というようなことをユーチューブの動画のコメント欄に書いたのだが、否定的なコメントは削除する係がいるようで、私のコメントはほどなく消え去った。だから、ここに書いておく。


YouTube: 授業まるごと!大分県立杵築高校1年英語表現I 豊田圭祐教諭

コメント

コメントを投稿